<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.02.28 Thursday  | - | - | 

5/19 スターダストレビュー:25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付

さいたまスーパーアリーナに
スターダストレビュー
『25年に一度の大感謝際 6時間ライブ おやつ付』
なるライブに行ってきました。

このライブの変わっているところは、
埼玉出身のスタレビのメンバーちなんで
会場内には埼玉物産展が開催され、
埼玉の特産品が販売されていました。
思わず、羽生市の地ビール『こぶし花ビール』
購入、ライブ前に一杯いっちゃいました。

次には、スタレビ展と題し、デビューから今までの写真や
ライブポスターなどなど、懐かしいものが一杯。
思わず見入ってしまいました。

そして、最大のポイントが
ライブの撮影、録音自由
というところ。
長い間ライブを観てきて、このようなライブは初めて。
かなり画期的といえましょう。

ライブが始まると、本当にスタレビワールドに引き込まれます。
スタレビの好きなところは、勿論、歌ですが、
もう一つは、ファンを楽しませる事をものすごく大切に考えているところです。
アーティストなのに、話術が巧みでMC中は笑いすぎてしまうほど。
今回のライブは、舞台後方のビジョンも凝っていて、
遠くの人も楽しめるようになっていました。

曲は、聴きたい曲が全て聴けた感じ。
『夢伝説』、『ふたり』、『クレイジーラブ』、『追憶』
あげたら切りが無いほど。
色々な著名人がビデオレターでリクエストしたり、
コサキンからの「チャレンジソング」では、
歌詞を間違わずに歌い切れたら100万円なるお題を出され、
1回目の『クレイジーラブ』では、1番の歌詞で撃沈、
仕舞いには観客に背を向けて、後ろのビジョンに出る歌詞を見て
歌う始末(笑)
2回目は『Stay My Blue 』。
こちらは見事、完唱。
持ち歌なのに、会場から割れんばかりの拍手。
「持ち歌を間違わないで歌って、こんなに拍手もらうのなんて初めてだよ。」
って、要ちゃんも言っていたっけ。

しかも
小田和正
がゲストで登場。
もう、会場はパニック状態でした。
正直、私も小田さんが顔みせるまで「嘘だろ〜」って思ってましたから。
オダレビと称し、
『ラブストーリーは突然に』『木蘭の涙』、
そして、『Yes−No』の前奏を聴いたとき、
本当に泣きそうだった。
高校の時に産まれて始めて行ったオフコースのライブを思い出してしまった。
とても嬉しかった。
要ちゃんが小田さんとの演奏を終えて、涙してしまった姿に
また感動・・・。

それからラストまで、スタレビも観客も突っ走りました。
最後には元メンバーに三谷さんと、光田くんも出演し、
大盛り上がりのライブでした。
休憩も入れてたっぷり6時間半のライブでした。


6時間半、飽きずにあっと言う間の楽しいライブでしたが、
とてもひとつ頭にきたことが。
それは、後ろの座席にいた子供2人をつれた夫婦。
子供連れだし、多少は我慢しようと思ったけど、
曲の途中で、親子そろって大声で喋ったり、
子供がゴネテて、座席でジタバタあばれても注意せず、
私は土足で肩をけられたり、友人は子供が暴れるもんだから
背もたれにもたれることもできず、
休憩時に堪らず、
「ごねるようだったら、外に出てあやしたらどうですか」
って注意した。
そしたら、後ろから聞こえよがしに
「子供だからこれぐらいするのが当たり前だと思ってる。」
「座席に恵まれなかったって事だよ。」
正直、座席に恵まれなかったのは私達の方。
子供のすることだからと目をつむっても、目に余りすぎるから
注意されているのに、何故そんな言葉が返ってくるのかわかりませんでした。
そもそも、子供の遊び場ではなく、みんなスタレビの音楽を聞きにきていると
思えば、子供だからと許される範囲は大人ならわかるのでは?
どう見ても6時間ももたないと思われる年齢の子二人。
夫婦で来ているのなら、交代で子供を外で見るとか方法はあったはず。
連れてきて、他人に迷惑がかからないかどうか、もう少し考えた方がよいのでは。

楽しいライブ、とっても残念な出来事でした。




2007.05.20 Sunday 21:52 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 吉岡秀隆がどうしても・・・。 | main | 赤勝て〜! >>

スポンサーサイト

[ - ]
2008.02.28 Thursday 21:52 | - | - | 
ちさ (2007/06/02 9:55 PM)
はじめまして。わたしもスタレビの大ファンです。ちょっと、それは、ひどいですね・・・私だったらきれちゃいますよ。他のコンサートならともかく、記念すべきコンサートなのに・・・ずーっとイライラしてたのかと思うと、お気の毒です。スタレビファンにそんな人がいるなんて・・・コンサートはすばらしかったようですね。うらやましいな。私も行きたかったよ〜デビュー当時からしっているので、なんか、青春のすべて、ていうかんじです。年がばれちゃいますね・・
まうみぃ (2007/06/04 7:37 PM)
ちささん、いらっしゃいませ。
デビュー当時から知ってらっしゃるなんて、
貴重な貴重なファンの方です。
私も高校の時にオフコースのライブに行っているのですから、
年ばれちゃいますね(笑)。
コンサートは笑いあり涙あり、サプライズありの
とても楽しいものでした。

ちささんの仰るとおり、スタレビのファンにこんな非常識な
ひとがいたなんて・・・という感想です。
今までライブに行って、スタレビのファンは大人だなって
思っていたので。
人の振り見て輪が振りなおせ。
私はこのような非常識な人間にならぬよう
気をつけなくては・・・。
夢伝説 (2007/09/14 11:40 PM)
はじめまして。正直、僕も行きたかったんです!!しかし、金なし、時間なし、おまけに場所が遠い・・・というわけで(静岡県民です)今回はパスしました(涙)。でも、11月に行われるライブでその憂さを晴らしてきます(笑)。スタレビを好きになるきっかけを作ってくれたのが夢伝説。最も当時の僕はまだ小学六年生(年がバレるよな〜)、どんな人たちが歌っているのか知る由もなく、ただ「なんて素敵な歌なんだろう・・・」と思うだけでした。高校生になってようやくその存在を知り、大学生になって「いいバンドだな・・・」と気になり始め、25歳のときに「夢伝説=スタレビ」と知り(時間かかりすぎだって(笑い)、そしてついに初めての生ライブ(2000年・スターズ)。2曲目にあのイントロが!!鳥肌が立ち、涙があふれてとまらなくなった・・・それ以来スタレビの虜です。つま恋100曲ライブでは猛暑の中倒れそうになりながら(笑いごとではなく、本当に担架で運ばれていくのを見た)最後まで見とどけたり、カラオケでスタレビの名曲を(へたくそなりに)熱唱しても無反応で悲しい思いをしたり・・・いまではスタレビは僕の日常生活の一部といってもいい存在です。これからも、いや一生スタレビと付き合っていきたい・・・そうおもっています。長々した文章でごめんなさい。ソレニシテモ、スタレビファンにそんなひどい輩がいるとは・・・残念です。
まうみぃ (2007/10/24 7:40 PM)
夢伝説さん、コメントありがとうございます。
亀レスですみません。。。
夢伝説さんは、このライブには参加できなかったのですね。
その分、今度のツアーではじけてくださいね。。。
実は、私も「夢伝説」が好きでファンになりました。
これ、カルピスの宣伝で使っていたんですよね。
あとは「コトブキ」というお菓子メーカーの
CMの「もう一度ハーバーライト」も大好き。
このコメントで、私の年齢もバレますね(笑)
逆に私は、100曲ライブ行けなかったんです。
ちょっと羨ましいです。
私も、ほとんどの人が知らないとわかっていて、
自分の結婚式の入場曲には「ふたり」を
使いましたよ〜。
メジャーじゃなかろうと、いいものはいいんですよ〜(笑)
スタレビは、本当にファンサービスの行き届いた
素敵なバンドだと思います。
私もこのバンドとは一生お付き合いしたいと
思っています。
これからもスタレビを一緒に応援していきましょうね。

文中の夫婦は、ホント腹たちました。
スタレビのファンは心も大人の人ばかりなので、
こういう人がいると、ホントにがっかりします。









スターダスト・レビュー
スターダスト・レビュースターダスト★レビュー(Stardust Revue、スターダスト・レヴュー)は、日本の音楽グループ。スタ★レビ。1981年5月25日、アルバム『STARDUST REVUE』と、シングル『シュガーはお年頃』でデビュー。メンバー*根本要(ねもと か
| ことねの日記 | 2007/05/22 3:06 AM |